Vacation Style By Hilton Grand Vacations Vacation Style By Hilton Grand Vacations

豊かなライフスタイルのそばにとっておきのバケーションを

沖縄 三線

もくじ

沖縄県北西部の離島、瀬底島は、美しい海と豊かな自然と文化に恵まれ、本島から瀬底大橋で気軽にアクセスできます。白砂のビーチ沿いに佇むのが、全室オーシャンビューの「ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ」。2021年10月の開業と同時にオーナーとなられたご夫妻に、その理由やご宿泊されたご感想、これからの滞在の楽しみ方などをお聞きしました。

今回のオーナー様

オーナー様:松山皓紀様、沙季様 ご夫妻

ご結婚されたばかりのご夫妻。ITコンサルティングがメインの会社にて、皓紀様が代表を、沙季様がエンジニアをされています。皓紀様は別の会社の役員も務められ、お仕事はテレワークが中心ではあるものの、海外出張の機会も多いとのこと。お二人ともに海外や国内への旅行を大きな楽しみとされ、多様な地域のクラブリゾートやヒルトンホテルを利用いただいています。

目の前に広がる美しいビーチと、居心地のいい環境

-旅慣れたお二人にとって、「ザ・ビーチリゾート瀬底」の印象はいかがですか?

皓紀様:
すごくいいですね! 隣にホテル「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」があるので、最初はそちらで十分かなと思っていたのですが、やっぱり購入してよかったです。ビーチとの距離感が程よく、お部屋の広さもスイートルーム並みでリビングやベッドルーム、バスルームもゆったりとしていますし、キッチンも完備していて電化製品などの機能も充実し、とても快適に過ごせる施設です。今回は1ベッドルーム・プレミア・プラスを利用しましたが、次は友人達を連れて大人数で、より大きな部屋タイプでの滞在も試してみたいと思っています。

沙季様:
朝目覚めたら、窓の外にきれいな海が広がっていることに、まず誰もが感動すると思います。また、スタッフの皆さんの接客、サービスがすごく素敵ですね。ラウンジやイベントなどで、いろいろな方々に「松山様」と声をかけてもらえ、皆さんが私達を覚えていてくださるのはうれしいことです。
お得な情報やおいしい食べ物、周辺エリアの見どころやアクティビティ、新たなプランなど、なんでも提案や紹介をしてくれます。事前にあれこれ調べなくてもここに来られる。とにかく居心地がすごくいいんです。

また滞在中に花火大会があり、お部屋のバルコニーから真正面で見ることができて感動しました。必ずまたここへ来ます!(笑)

ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ
ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ

充実した設備と静けさで、海を眺めながらのワーケーションも快適

-IT関係のお仕事と伺いましたが、滞在中にお仕事をされることもあるのでしょうか?

皓紀様:
パソコンはいつも持参するのですが、「ザ・ビーチリゾート瀬底」には、ワーケーションに最高の環境が揃っています。お部屋にたくさんのコンセントが備えられ、充電をそこら中でできるのが便利。ダイニングテーブルにいても、ソファでくつろいでいても電源に繋げられます。Wi-Fiも重要ですね。バルコニーに出て、海を眺め爽やかな風に吹かれながら仕事ができますし、動画もサクサクとアップロードできます。

それに、ここはとても静かなんです。海が近すぎて波音がうるさくても集中できないのでだめ。寝室とリビングをドアで区切ることができるのも、家族連れでワーケーションに訪れる方にとっては嬉しいポイントだと思います。
今後はますますワーケーションが一般的になり、ライフスタイルや滞在のスタイルも変化して、仕事と余暇、プライベートのバランスを取ることが多くなっていくと思います。沖縄や小田原に加えて、普段なかなか行かない場所にも旅の拠点があるとうれしいですね。

ご結婚を機に、メンバーシップを統合しアップグレード

-ヒルトングランドバケーションズとの出会いを教えていただけますか?

皓紀様:
仕事柄、米国などの北米や東南アジアへ出張に出かける機会が多く、国際線の飛行機によく搭乗します。ヒルトングランドバケーションズのタイムシェアは、空港でしばしば見かけていて知っていました。

沙季様:
ある時グッズがもらえるという広告を見て、空港のデスクを訪ねたのがきっかけで説明会に参加し、オーナーになりました。当時はお互いがまだ独身で、主人がハワイ・オアフ島の「ホクラニワイキキ・ヒルトングランドバケーションズクラブ」を、私がラスベガスの「ザ・ブルバード・ヒルトングランドバケーションズクラブ」をそれぞれ購入しました。現在は結婚を機にメンバーシップを一つに統合し、アップグレード。日本の国内で気軽に訪れることができるように、「ザ・ベイフォレスト小田原・ヒルトンクラブ」を購入したんです。そして「ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ」はプロジェクトの開発の段階から人気と聞き、販売の前から注目していました。実際に体験してみて「せっかくなら一番素敵なお部屋を」と今回所有することになりました。

ヒルトングランドバケーションズを活用して、世界中のリゾートへ

―今後はヒルトングランドバケーションズのメンバーシップを、どのように活用されるご予定でしょうか?

皓紀様:
私と妻、双方の両親を連れて、ハワイに長期滞在する40日間のバケーションを実現したいと計画しています。新しいマウイ島のリゾート、「マウイベイヴィラズ・ヒルトングランドバケーションズクラブ」にも滞在してみたいですね。学生時代にヨーロッパを巡ったことがあるのですが、リゾート地とはあまり縁がなくて。いつかは世界中のリゾートを回りたいと思っています。

沙季様:
それに、延期になっているハネムーンもね(笑)。ヒルトングランドバケーションズのクラブリゾートやヒルトンホテルに泊まりながら、世界一周をしてみたいと思っているんです。もっとも行ってみたいのは、メキシコのセノーテ(ユカタン半島の地下水路)。ダイビングが好きなのでモルディブ、あとはジャマイカもいいですね。「ザ・ビーチリゾート瀬底」のように、外へ出たらすぐ海が見える、そんな立地が理想的です。

ヒルトングランドバケーションズのメンバーシップは、ポイントを交換すれば各国のヒルトンホテルに滞在できるなど、自由度があって旅をとことん楽しめるところが大きな魅力です。そこにダイヤモンドリゾートが加わったので、ますます旅の選択肢が広がってワクワクしますね。

皓紀様:
「ザ・ビーチリゾート瀬底」に関しては、1週間から10日程度は滞在して、暮らすように過ごしたいですね。瀬底大橋ですぐに沖縄本島と行き来でき、車があればやんばるの自然や歴史史跡、美ら海水族館などの観光やショッピング、地元のグルメも気軽に楽しめるので、移動の足としてレンタカーを上手く活用したいと考えています。カーシェアなどがあればより便利だと思います。
また、瀬底島の島内にある、おいしいピザで有名な「Pizzeria UKAUKA」を訪れた際に、ヒルトングランドバケーションズでもらった「沖縄プレミアムパス」を提示したら、メンバー割引をしてもらえました。このような特典をさらに活用できれば、旅がますます楽しくなりそうですね。

オーナー様が沖縄を満喫されている
「ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ」の詳細はこちら

hilton grand vacations