Hilton Grand Vacations

当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

Vacation Style By Hilton Grand Vacations Vacation Style By Hilton Grand Vacations

豊かなライフスタイルのそばにとっておきのバケーションを

子連れ 海外

もくじ

楽しみな家族との海外旅行。小さなお子様とのフライトは心配事も尽きませんが、機内ではどのように過ごしていらっしゃいますか?今回は、元CAが小さなお子様連れのフライトを快適なものにするためのコツをお伝えします。ハワイ便のフライトの特徴や小さなお子様によくある心配事の予防策、あると便利なおすすめアイテムなど事前に知っておきたいことばかり。前もって対策することで不安が解消され、お子様も大人もフライトを快適に過ごすことができるでしょう。

ハワイ便の行きと帰りそれぞれの特徴を把握して過ごし方をプランニング

ハワイ便の行きと帰りそれぞれの特徴を把握して過ごし方をプランニング

行きは日本夜発、現地時間朝着が多いハワイ便。行きの機内でしっかりと眠ることが旅行を楽しむ秘訣です。そのため、行きの機内では快適に眠ることができるように持ち物も準備をしましょう。帰りは昼便なので、お子様はお昼寝ができると良いですが、ずっと寝ているということはないので、お子様が退屈しないようにおやつや遊び道具などをしっかりと準備しておくことが大事です。

また、お子様の機内食は、事前にチャイルドミールやベイビーミールを予約しておきましょう。2歳以上の座席のあるお子様は、予約しないと通常の大人のメニューが用意されてしまいます。もちろん膝の上に座る赤ちゃんの離乳食の予約も忘れないようにしましょう。

行きと帰りの便の特徴を把握したら、それぞれお子様と一緒にどのように過ごすかを事前にプランニングしておくことがポイントです。

お子様連れフライトの不安は事前対策で解消しよう

お子様連れフライトで心配なのが、急に泣き出す、寝かしつけがうまくいかない、耳が痛い、などといった子供ならではのトラブル。これらは事前に防止策を考えておけば、解消できることも多くあります。

耳が痛い

小さいお子様はまだ自分で耳抜きをすることができないため、特に離着陸時の上昇、下降中に耳が痛いと泣き出すことも。事前対策として、赤ちゃんはそのタイミングで授乳、マグで飲み物を飲ませる、小さなお子様は飴やラムネを食べる、飲み物を飲ませてあげると良いでしょう。

効果には個人差があるので、いくつか用意しておくこと。そして上昇、下降中に何度も必要になることもあるので、数を多めに用意しておくことをおすすめします。

寝かしつけ

いつもと異なる環境で眠ることになるので、できるだけ通常のルーティンに近づけてあげると入眠もスムーズになるでしょう。タオルやぬいぐるみなどいつも持って寝るものがあるなら、それを機内に持ち込むことでお子様も安心して眠ることができます。

いつも立って抱っこして寝かしつけているなど、赤ちゃんの寝かしつけでうまくいかないときは、ベルト着用サインが点灯しておらず、ミールサービスが落ち着いたタイミングであれば、CAに声をかけるとギャレーの中のスペースを貸してもらえることも。暗くしてカーテンを閉めたスペースで抱っこしていると赤ちゃんも眠りにつきやすいようです。

急に泣き出す

急に泣き出してしまった場合、ベルト着用サインが点灯していると席を立つことはできません。まずはなぜ泣いているのか理由を探る事が大事です。

おなかがすいた、眠いなどさまざまな理由が考えられますが、ただ動きたくてぐずっている場合は、事前に準備しておいた、とっておきのアイテムで落ち着かせると良いでしょう。

ベルト着用サインが点灯していない時は、ギャレーやトイレ周辺のスペースへ移動して窓の外をみせて声をかけたり、CAに声かけしてもらったりするなど場所を変えて他に興味を向けることで落ち着く場合もあるでしょう。

お子様連れ旅の機内に持って行くと便利なアイテム

持ち物次第で快適さが異なるのが機内。いつもお子様とのお出かけの時に持って行くオムツや手口拭きなどにプラスして持って行くと良い物をご紹介します。

おやつ

耳が痛くならないようにするための飴やラムネの他にもお子様が好きなおやつをいくつか準備しておくと、ベルトサインが点灯していて動くことができない時に役立ちます。

音が出ないおもちゃ

機内におもちゃを持ち込む場合は、周りの方に配慮して音が出ないおもちゃにしましょう。

折り紙やシールブックは子どもが集中して静かに遊べるのでおすすめです。他に、お気に入りのかさばらない小さな絵本を持ち込むのも良いでしょう。

航空会社によっては、機内に絵本が借りられるところもあるので、事前に確認してみましょう。おもちゃやおやつの中には、新しいものやお気に入りのものなどとっておきのものを用意しておくことをおすすめします。

子ども用ヘッドセット

小さいお子様は、大人用のヘッドセットだとサイズが合わずに使えないことも。子ども用ヘッドセットを用意しておくと安心です。

タブレット

機内でWi-Fiが使えない場合もあるので、タブレットなどに事前にお子様が好きな動画をできるだけ多くダウンロードしておきましょう。

また、機内で動画を見る際は、必ずヘッドホンを利用するようにお子様にも伝えておきましょう。

ゲーム機

小学生のお子様は携帯用ゲーム機を持ち込むのも良いでしょう。

ゲーム機も必ずヘッドホンを利用し、オンラインで使う場合は、機内Wi-Fiを使う場合のみ可能です。

航空機外と通信することは禁止されているので注意しましょう。

着替えの服

着替えの服

おもらしや急な体調不良、乗り物酔いで嘔吐した場合など万が一に備えて、機内手荷物に親子の着替えを1セットずつ入れておくと安心です。

寝る時にいつも持っているもの

寝る時にいつも持っているもの

いぐるみやタオルなどいつも寝る時に持って眠るものがあるとお子様も安心して眠ることができるでしょう。ただしあまり大きなサイズは持ち運びにも不便なので、できるだけ小さいサイズにしておきましょう。

離乳食、マグ、ミルク作る用のお湯(ボトル)

離乳食、マグ、ミルク作る用のお湯(ボトル)

赤ちゃんの場合、いつも食べている離乳食やマグを準備しておくと安心です。通常、国際線の機内に持ち込める液体は量が限られていますが、乳幼児用のミルクや食べ物については制限がなく、乳幼児同伴の場合は機内で飲食する分に限り持ち込むことが可能です。

ミルクを作るためのお湯も保安検査場で申告することで持ち込むこともできます。航空会社によっては、機内でミルクを作るためのお湯をボトルにもらうこともできるので、事前に確認しておきましょう。

ストール

機内で寒いと感じた時にすぐに羽織ったり、お子様にかけてあげたりと使えるので一枚持っておくと良いでしょう。

JETKIDS

JETKIDS

JETKIDSは機内では足元をフラットにすることもできる子供用のスーツケースです。

移動時には乗って移動することができ、スーツケースとして中にお気に入りのおもちゃやおやつを入れることもできるお子様にとって楽しいアイテム。

楽しいだけでなく、機内では蓋をひっくり返して、マットレスを広げることで足元がフラットになるので、お子様もまっすぐ足を伸ばした状態で快適に過ごすことができます。
※航空会社によって規定が異なるため、機内で使用可能か、またどこの座席で使用可能か航空会社に事前に確認しましょう。

機内で大人が快適に過ごすために気を付けたいポイント

ここでは、子供だけでなく、大人も快適に過ごすために気を付けたいポイントを2つご紹介します。

むくみ対策

機内でのむくみ対策は快適に過ごすために欠かせないもの。対策をしておかないと履いてきた靴が窮屈で痛くなるほどむくむことも。

機内では、身体を締め付けないズボンやワンピースなどゆったりとした服がリラックスできておすすめです。フライト中は、靴からスリッパに履き替え、着圧ソックスを履くようにしましょう。

着圧ソックスも腰まであるタイプだと締め付けてしまうので、ソックスタイプを選ぶと良いでしょう。

フライトが長時間の場合は、できるだけ数時間おきにトレイに行くなど、意識的に立って歩くことが大事。

その際は遠いトイレまで歩いて行き、トイレ周辺のスペースで軽くストレッチをしてから戻るなどできるだけ身体を動かすことを意識しましょう。

座席に座ったままでもできるストレッチもおすすめです。

お酒の飲みすぎに注意 

機内は気圧の関係で地上にいる時よるもお酒に酔いやすいと言われています。地上なら大丈夫な量でもすぐに酔ってしまって、トイレに行こうとしたら倒れてしまった、ということも。機内でお酒を飲む場合は、酔いやすいことを意識して、いつもより控えめに飲むようにしましょう。

困ったことがあったらCAに相談してみよう

私がCAだった頃は、お客様が快適に過ごせるようにと赤ちゃんのミルク作りをしたり、泣いている赤ちゃんに紙コップで作った動物のパペットで声掛けしたりすることもありました。

耳が痛い、寝かしつけに困っている、急に泣いてあやすスペースがほしい、の他にも、急に体調不良になった、自分がトイレに行く間子どもをみておいてほしいなど、何か機内で困ったことやお願いしたいことがあったら、まずは気軽にCAに相談してみましょう。

お子様連れのフライトはいろいろ不安なこともあるかと思いますが、今回ご紹介した事前対策を行っておくと、心配している気持ちも楽になるはずです。フライトも快適に過ごして、家族とのハワイ旅行を存分に満喫しましょう。