Hilton Grand Vacations

当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

Vacation Style By Hilton Grand Vacations Vacation Style By Hilton Grand Vacations

豊かなライフスタイルのそばにとっておきのバケーションを

もくじ

ハワイを何度も訪れているのに時差ボケに悩まされる…本当に嫌になってしまいますよね。時差ぼけになると、せっかくの旅行も楽しめなくなります。何よりも回復を待つ時間がもったいない!そこで今回は、時差ボケ対策をご紹介いたします。

そもそも時差ボケとは何でしょう

時差ボケとは5時間以上の時差がある地域に出かけた時に、「体内時計」と「現地の生活時間」にズレが生じ、身体に一時的な不調をきたすことをいいます。

「体内時計」は生活習慣の影響も受けるため、生活時間が異なる地域に行くと乱れてしまうことがあります。体内時計が乱れると、それによって制御されているホルモン分泌や睡眠のリズムなども乱れ、身体に様々な不調があらわれます。これが時差ボケのメカニズムです。

症状の重さは人によって異なりますが、一日中動けないほどの症状が出る場合もあります。初日からハワイ旅行を楽しむためにも、前もって対策を考えることをお勧めします。

往路の時差ボケ対策

日本とハワイの時差は19時間で、ハワイが遅れています。時差ボケに日付は作用しませんので、ひとまず「日本とハワイの差は5時間で、ハワイは日本より5時間早く夜が明ける」と考えましょう。現在、日本発⇒ハワイ(ホノルル)着の直行便はほとんどが19時~24時の間に出発します。そのため、ハワイへの到着は朝~午前中になります。これを踏まえて以下の対策をしておくことをお勧めします。

対策1:数日前から早寝早起きの生活を心がける

朝7時に起きている方の場合、ハワイでは昼の12時ですので、1~2時間早く起きるように心がけるとハワイ時間の午前中に起きることになり、体内時計のズレが小さくなります。起きる時間のみ早くしてしまうと睡眠不足になりますので、前倒しで早めの就寝を心がけてください。

対策2:出発空港に着いたら現地時間を意識する

ハワイに到着してから現地時間に合わせるのではなく、出発する空港にいる時から現地時間を意識して食事などを済ませるとよいでしょう。18時に空港で食事をすると現地時間の23時。遅い時間に食べることを考えると、消化の良いものや胃に負担のかからないものをチョイスするのが得策です。

対策3:機内では水分を十分にとり、機内食を食べずにできるだけ睡眠をとる

ハワイまで7~8時間のフライトで眠ることができれば、到着後に午前の明るい光を浴び、体内時計が大きくズレることはなくバケーションを満喫できます。機内は乾燥していますので、十分に水分をとったあとは食事をせずにできるだけ寝て過ごしましょう。機内食や魅力的なコンテンツなど誘惑も多いですが、現地で快適に過ごすために往路では我慢。

対策4:到着後は軽く身体を動かし、長い仮眠はとらない

ハワイ到着は朝~午前。アーリーチェックインですぐにお部屋に入ってしまうと、どうしてものんびり過ごしたり仮眠を取りたくなってしまいます。チェックインは少し待って、荷物を預けたらショッピングモールや公園に出かけてみましょう。到着日をお土産選びの日にするのもおすすめ。歩いているうちに凝り固まった身体もほぐれ、ランチにちょうど良い時間になりますよ。

一般のお客様は「アーリーチェックイン」できない可能性が高いと思いますので、文書を少し変えていただけますでしょうか?

復路の時差ボケ対策

ハワイ(ホノルル)発⇒日本着の直行便は、10時~18時出発で日本には13時~22時着。帰着後に身体が速やかに日本時間に適応するよう、復路でも時差ボケ対策は重要。

対策1:朝食はしっかり摂る

復路は、飛行機に乗る前まで現地時間で過ごしましょう。朝食はしっかりと食べて空港へ向かいます。朝・昼・夜にきちんと食事を摂ることで体内時計のリズムが整います。

対策2:機内で日本時間に合わせ、機内食は昼食として済ませる

飛行機に搭乗後、落ち着いたら時計を日本時間に戻し、日本時間を意識します。機内では1回だけ機内食が出ますが、フライト時間によっては朝食をとる時間にでることもあります。しかし、これを「昼食」として食べることが重要です。

対策3:機内ではできるだけ眠らないで過ごす

フライト中は日本時間の日中となりますので、できるだけ眠らないように過ごします。日本未公開の映画を見たり、Wi-Fiの使用が可能ならばご自身のディバイスで音楽を聴いたりゲームをしたり。途中、立ち上がったり通路を少し歩いたりして身体を動かすと、眠気覚ましになります。

対策4:いつもの時間に夕食を摂り、たっぷり睡眠をとる

帰着後はいつものように夕食を摂って、たっぷりと睡眠をとるようにしましょう。疲れている場合は、普段より早めに就寝することもおすすめ。寝る前にストレッチやマッサージをして身体をリラックスさせると、睡眠の質が上がると言われています。ゆっくりと休んで、明日からの日常に備えましょう。

出発前から少しずつ意識して身体を慣らし、帰路でも時差を意識して過ごすことで、時差ボケの軽減や予防が可能です。楽しい旅行になるように、ぜひ実践してみてください。