Vacation Style By Hilton Grand Vacations Vacation Style By Hilton Grand Vacations

豊かなライフスタイルのそばにとっておきのバケーションを

もくじ

「タイムシェア」という言葉をご存知でしょうか? リゾート地などのコンドミニアムスタイルの部屋に滞在する権利を複数人で所有するオーナーシップのことで、その土地に本当に暮らしているかのような滞在を楽しむことができるバケーション・スタイルとして注目されています。「タイムシェア」だからできる、旅の魅力とは? 歴史を感じさせる史跡や集落の長閑な風景、美しい海など「離島」らしい魅力満載の瀬底島にある「ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ」を現地ライターが訪れ、リラックスした大人の時間、ワーケーション、子どもたちとの時間を思い描きながら、体験してみました。

暮らすような旅に、非日常を添えてくれる絶景のバルコニー

2021年10月にオープンした「ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ」は、全室オーシャンビューが魅力の、「タイムシェア・リゾート」。普段、沖縄本島中部で暮らす筆者は、本部半島の海沿いに車を走らせ瀬底大橋を渡れば、すでに旅の気分。瀬底島に入り、「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」を通り過ぎた先に、少し落ち着いた佇まいで「ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ」はありました。

キッチン付きの「タイムシェア」の魅力は、地元の市場やスーパーで沖縄ならではな食材の買い物をして、お部屋のキッチンで料理、リビングで食卓を囲む。まさに旅先で「暮らす」ように滞在できるのです。

ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ」のバルコニーに座り、ゆっくりと海を眺めてみる。あっちこっちと巡る旅も良いけれど、美しい海を、時間を忘れてただただ眺めるというのも贅沢なこと。沖縄で暮らしていてもついつい忙しさで忘れてしまいがちな、そんな時間の使い方ができるのは、暮らすようであると同時に、しっかりと非日常も味わえるタイムシェアのリゾートだからこそ。

写真提供:Sesoko Masayuki
写真提供:Sesoko Masayuki

白い砂浜が美しい瀬底ビーチの先には、ちょこんと空に突き出た山のシルエットが特徴的な伊江島に、ダイビングスポットとしても人気の水納島が見える。さて、今日はどんな風に過ごそうかな、そんなことを考えながら1日の始まりにコーヒーを楽しんでみました。

「タイムシェア」だから、家族にずっと、旅の楽しみを。

タイムシェアを使って長めのステイをするなら、僕だったらどんな旅をするだろう? 僕は8歳と5歳の兄弟がいる4人家族なので、やっぱり家族で出かけたい。普段は仕事に勉強に習い事にとそれぞれにバタバタと忙しない時間を過ごしているだけに、少しでもゆったりと、一緒に過ごせるように。1日しっかり家族で遊ぶ日もあれば、子どもたちは午前中に滞在者用のプライベートプールやビーチへ、自分はバルコニーやラウンジで仕事に集中、ワーケーションに勤しむ日があってもよいですね。夕方になったら子どもたちと近隣のもとぶかりゆし市場に買い物へ。妻にはバルコニーで夕日を楽しむ時間をプレゼント。

写真提供:Sesoko Masayuki<br />
誰でも利用できるオーナーズラウンジではさまざまなドリンクを無料で楽しむことも。至れり尽くせりだ。
写真提供:Sesoko Masayuki
誰でも利用できるオーナーズラウンジではさまざまなドリンクを無料で楽しむことも。至れり尽くせりだ。

オーナーズラウンジにはコーヒーメーカーや各種ジュースもあるので、ちょっと一息つくにもぴったり。1階「CHIM DON DON」では手づくりのおにぎりや沖縄そばもいただけます。もちろん、各場所でWi-Fiも使えるので、場所を変えれば気分もリセットできて仕事もはかどりそうです。

写真提供:Sesoko Masayuki<br />
リゾートの1Fにあるカフェスペースは明るく開放感があります。
写真提供:Sesoko Masayuki
リゾートの1Fにあるカフェスペースは明るく開放感があります。
写真提供:Sesoko Masayuki
写真提供:Sesoko Masayuki

日常が忙しいとどうしても旅の予定は先送りしてしまいがち。「旅行に行きたいな」なんて思いながらもあっという間に時間が過ぎてしまうものだけれど、「タイムシェア」を所有していれば、しっかり「活用しよう」という気持ちが旅の動機付けにもなる。そうやって、旅の機会をしっかり作っていくことができると思うのです。毎年訪れるような旅先には、その土地への愛着や理解が深まり、そして家族にとってかけがえのない思い出の場所になります。

そしてなにより、タイムシェアで購入したホテルは「資産」であること。つまり、いつの日か子どもたちに「旅の機会」をプレゼントしてあげられる、というのも、なんだかロマンチックでいいな、と思うのです。

瀬底ビーチの美しさは県内屈指。歩いて通える贅沢さ。

写真提供:Sesoko Masayuki
写真提供:Sesoko Masayuki

長期滞在をする方によって、いろいろな時間の過ごし方はあると思うのですが、もちろんしっかり遊ぶつもりで行くのもよいけれど、ちょっとした隙間の時間に足だけでも海に浸かりに行ったり、散歩して波の音を聞いてみたり、滞在中にはきっと数えきれないぐらい通うだろうな、と思ってしまうのが「瀬底ビーチ」です。

部屋に戻れば開放的で気持ちもほぐれる浴室に、もちろん洗濯乾燥機も装備。直接部屋に戻ってすぐにお風呂に入ったり、洗濯ができてしまうのも、まるで快適な理想の暮らしのよう。

遠くに島が見え、白い砂浜とエメラルドグリーンの海の美しさは県内屈指。本島中部に暮らしていても、その美しさには目を見張るものがあります。朝一番の透明度の高いビーチを散歩したり、マリンアクティビティで思いっきり遊んだり、仕事のあとに日の暮れていくビーチを裸足で歩いてみたり、海には文字通り人それぞれの楽しみ方があって、そばに滞在しているからこそ気付ける魅力もあると思います。そうやって過ごすことで、心も体もリフレッシュできること間違いなしです。

こうして見てみると、やはりタイムシェアの旅は、いままでとは違う体験を提供してくれそうです。沖縄という旅先にある非日常の魅力を満喫しながらも、「暮らす」ようにリラックスして過ごせること。しっかりと自分と、家族のために時間を使えることの贅沢さ。新しい旅のカタチが、ここにはありました。

――――――――――――――――――
沖縄・瀬底島でとっておきの暮らしを。
ヒルトングランドバケーションズ「ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ」はこちらから!