Hilton Grand Vacations

当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

Vacation Style By Hilton Grand Vacations Vacation Style By Hilton Grand Vacations

豊かなライフスタイルのそばにとっておきのバケーションを

ヒルトン タイム シェア 口コミ

もくじ

もし、10日間のお休みをもらえたら、あなたは何をしますか? ゆったりとご自宅でテレビや映画を見たり、長編小説を読んだりするでしょうか? それともいろんなところへお出かけしたり、体験ものや勉強などをしたりと活発に行動するでしょうか? 相反する2つの過ごし方ですが、工夫次第で双方の良いところ取りをした過ごし方があるのです。それが、ヒルトン・グランド・バケーションがおすすめする「コンドミニアムスタイル」。 学生の時と異なり、予算に余裕があり、できることも増えている今。大人ならではの長期休暇を楽しんでみませんか。

長期休暇の当たり年だった2019年。9連休だったお休みは海外旅行が人気

令和元年となった2019年、カレンダーの祝日配置がよかったことから、ゴールデンウィークやお盆休みは9~10連休という長期休暇を取得する方が多くなりました。この長い休みを、皆様どのように過ごしたのでしょうか。

【出典】<a href='https://www.airtrip-corp.com/news/2019/2762/' target='_blank'>夏休みの動向調査 エアトリ </a>
【出典】夏休みの動向調査 エアトリ 

総合旅行プラットフォーム「エアトリ」が実施した「夏休みの動向調査」によると、夏休の過ごし方として「海外旅行」が1位となりました。お盆休みのみが休みとなる人に絞ったアンケートでも、1位の「自宅でゆっくり休む、たくさん寝る」と僅差で、「海外旅行」が2位となっています。

【出典】<a href='https://www.airtrip-corp.com/news/2019/2762/' target='_blank'>夏休みの動向調査 エアトリ </a>
【出典】夏休みの動向調査 エアトリ 

旅行の期間が長くなれば、より遠くの場所に行きやすくなり、訪れる観光地を増やすこともできます。様々な体験ができる海外旅行にはうってつけです。でも、せっかくの長期休暇。1ヶ所に滞在して、暮らすようにゆったりと過ごすのもお勧めです。


【出典】
■調査概要
調査タイトル :夏休みの動向調査
調査対象 :20代~70代の男女748名
調査期間 :2019年6月20日~6月23日
調査主体 :株式会社エアトリ


ゆったりとした滞在型の休暇を実現する「コンドミニアムスタイル」

それでは、海外旅行の楽しみ方にはどのようなものがあるのか、見てみましょう。

【出典】<a href='http://jrc.jalan.net/wp-content/uploads/2019/06/59dfe57ddb75a817eda7c34208145e51.pdf' target='_blank'>じゃらん海外旅行ニーズ調査(じゃらんリサーチセンター) </a>
【出典】じゃらん海外旅行ニーズ調査(じゃらんリサーチセンター)

まずは、「海外旅行における目的」ですが、リクルートじゃらんリサーチセンターが国別で調べた「じゃらん海外旅行ニーズ調査」によると、日本人の旅行目的は「リラックスしたい」「おいしいものを食べたい」「日常から逃れたい」がトップ3となりました。

この「リラックスしたい」を実現するためには、ある程度の日程的な余裕や、旅行先の安全度が重要です。また、連休の当たり年ともいえる今年のように、長期休暇であっても毎日移動し、宿泊先を変えるような周遊型の旅行では、非日常感を感じながらのリフレッシュはできても、「リラックス」とは少し異なるかもしれません。

ひとつの場所をじっくり楽しむ滞在型の旅行は、「リラックスしたい」という希望に応える答えのひとつといえそうです。そこでお勧めなのが、「コンドミニアムスタイル」です。ホテルでも連泊は可能ですが、コンドミニアムは数日~数週間でも利用でき、ホテルと同様に掃除やタオルの交換などをメイドサービスでお任せできるため、滞在型の旅行に最適なのです。


【出典】
■調査概要
調査タイトル :じゃらん海外旅行ニーズ調査
調査対象 :日本、中国、アメリカ、イギリスの25~50歳の男女合計1660名
調査期間 :2018年12月~2019年3月まで(地域によって異なる)
調査主体 :じゃらんリサーチセンター


滞在型の旅行で気を付けたいのは、気候と治安

では、滞在型の旅行に適しているのはどんな場所でしょうか。

自分が好きなところが一番ですが、リラックスしてゆったり過ごすためには、気候と治安の良い場所がベストです。

その目安のひとつとして、日本人観光客や日本人在住者が多い国が挙げられます。

ハワイやグアム、東南アジアなどがありますが、コンドミニアムの種類やアクティビティのバラエティさ、そして治安面をトータルで考えると、ハワイが群を抜いて滞在型の旅行に適した場所であるといえそうです。

長期休暇だからこそできる「暮らすような旅行」

滞在型のコンドミニアムスタイルで旅行を楽しむ人たちは、ハワイでどのような過ごし方をしているのでしょうか。

コンドミニアムの主たる特徴は、キッチンがついている点。地元の食材をあれこれ使って食事を作ることで、ローカルな食文化を体験することができるのです。例えば、ハワイにはファーマーズマーケットがあり、旅行者でも地元産の新鮮な野菜やフルーツが簡単に購入できます。

地元の食材を使って料理に挑戦するのもよし。面倒な時には、テイクアウトしたプレートランチをダイニングで食べるのもよし。コンドミニアムスタイルならではのリラックスした食文化が楽しめます。キッチンがあることで外食の回数が減り、居心地の良い広いお部屋でゆったり寛ぐ。まさに「暮らすような旅行」体験です。

→オーナーとなった皆さまは、実際にどのような楽しみ方でハワイでのバケーションを楽しんでいるのでしょうか? パートナーや家族、親子三世代でと様々なスタイルで滞在型のコンドミニアムスタイルを楽しまれている先輩オーナー様の素敵な旅の過ごし方をみてみましょう。

オーナー様の声

また、早起きして早朝ウォーキングを楽しむなど、休暇中もヘルシーなルーチンを維持している方も多いようです。朝の清々しい空気を胸いっぱい吸い込み、気分爽快で周囲を見渡せば、海外という非日常の中に「日常」を感じてリラックスができそうです。

プライベートビーチやホテル内のプールでの遊びも特別感を演出しています。子供連れの家族旅行で何よりも大切な「安心して子供を遊ばせること」ができますし、思い出に残る経験を一緒に得ることができます。よく顔を合わせる滞在中の外国人と言葉を交わすようになり、家族ぐるみで国際交流が促されるといったこともあるようです。

アクティブに過ごしたい時は、オプショナルツアーに参加したり、トレッキングなどに出かけたり。自由に過ごしたいならレンタカーを借りて好きな場所を訪れ、渡航先の自然や文化を深く味わうこともできます。さらに滞在先から別の場所に、数日にかけて旅をするのも長期滞在だからこそできる体験です。

いくつかの国や都市で観光名所を見てまわり、有名レストランで名物料理を楽しむ旅行も、刺激的で素敵な過ごし方です。一方で、慌ただしい毎日から抜け出し、旅先で、ゆっくり、じっくり、思いのままの時間を過ごす「コンドミニアムスタイル」の滞在型の旅行は、リラックスとリフレッシュが叶えられる、大人ならではの長期休暇の過ごし方ではないでしょうか。

リゾート宿泊プランのご案内

国内リゾートのご案内

ヒルトン・グランド・バケーションズのバケーション・オーナーシップの国内販売説明会はこちらからご予約いただけます。