Hilton Grand Vacations

当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

Vacation Style By Hilton Grand Vacations Vacation Style By Hilton Grand Vacations

豊かなライフスタイルのそばにとっておきのバケーションを

もくじ

砂漠の中の小さな町だったラスベガスは、巨大ホテルの建設で発展をつづけ、いまや世界最大規模のエンターテインメントシティに変貌しました。現在のラスベガスには、想像を超えるゴージャスな世界が広がっています。 今回はそんなゴージャスな世界だけではなく、もっと手軽に楽しめるラスベガスの魅力をご紹介します。

夜便を使えば機内から”不夜城”の夜景が見えて一石二鳥!

日本からラスベガスへ行く場合、直行便がないので、ロサンゼルスやサンフランシスコで乗り継いで行くことになります。少しでも早くラスベガスに到着したいのは山々ですが、できれば夕方以降の便で到着するのがおすすめです。窓側の座席を確保すれば、暗い砂漠の中でひときわ明るく浮かび上がるラスベガスを遊覧飛行気分で空から眺めることができます。

暗くなって到着する夜の便なら、町のきらめきは宝石並み。ですが、夕暮れ時の空も捨てがたいほどキレイ。旅の初めからラスベガス滞在への期待が高まります。

ラスベガスは無料で楽しめるエンターテインメントシティ

ラスベガスの町中には、無料で楽しめるエンターテインメントがあちこちに散りばめられています。ストリップ大通りに林立するホテルは、とてもゴージャスで趣向を凝らしたホテルばかり。散歩がてらのホテル見学も楽しみです。

写真提供:Shutterstock.com
写真提供:Shutterstock.com

★ベラージオホテルの噴水ショー
ラスベガスの無料ショーといえばコレ!音楽と水が繰り広げる噴水ショーは見逃せません。イタリアのコモ湖をイメージしてつくられた広大な人工湖でハイテク機器が吹き上げる噴水は、まるで水が踊っているよう。ひときわ華やかな噴水の動きは毎回演出が違うので、何度でも見に行きましょう。特におすすめなのは、ホテルと噴水がライトアップされる夜です。

★ミラージュホテルの火山ショー
ドドーンと火山が火を噴く火山ショーも見逃せない無料アトラクション。ミラージュホテル前につくられた人工火山から溶岩が噴き出す仕掛けになっていて、噴火の迫力に圧倒されます。

写真提供:Shutterstock.com
写真提供:Shutterstock.com

★フリーモント・エクスペリエンス
ラスベガス中心から少し離れたところにあるダウンタウン地区の無料アトラクション。フリーモントストリートの屋根に仕掛けられた電飾が音楽にあわせて鮮明な映像を映し出します。ショーがはじまると、400メートルを超える長さのアーケードの屋根はまるで映画館のスクリーンのよう。

もうひとつ人気のアトラクションがスーパーマンのように宙を飛べる「スロットジラ・ジップライン」。大自然の中ならまだしも、アーケード内で人が歩いている上の天井にかかるジップラインを見たことがある方は少ないのでは?これぞアメリカ!スロットジラ・ジップラインはラスベガスならではの絶叫体験です。ジップラインは高さ約20メートルの下段と、高さ30メートルを超える上段の2種類から選べます。座った状態で移動する初心者向けの下段は25ドル、スーパーマンが空を飛ぶような姿勢で移動できる上段は45ドルです。せっかくだから上段でスーパーマンのように宙を飛んでみてはいかがでしょう。

★ハイローラー
絶叫マシンは苦手という方には、ストリップ大通りにある観覧車「ハイローラー」はいかがですか?高さ約167メートルの観覧車に乗れば約30分の空中遊覧を楽しめます。昼は25ドル、夜は37ドルと、夜のほうが値段が高いことからもわかるように、ハイローラーに乗るなら夜景が見える夜がおすすめ。巨大ホテルが林立するストリップ大通りを見下ろす観覧車から見える夜景にため息がこぼれます。

ショッピングモールやアウトレットでブランドショッピングを思いのままに

★巨大ショッピングモール
ラスベガスには有名なブランドショップがたくさんあるので、お買い物も旅の楽しみのひとつです。ローマの街並みをモチーフにした屋内ショッピングモール「フォーラムショップス」にはハイブランドを中心に全部で160もの店舗が入っています。屋内の巨大モールなので、夏も冬も1年中快適にお買物ができます。

★アウトレット
ラスベガスのホテル街から車で5分ほどのところにある「ラスベガス・プレミアム・アウトレット・ノース」にも出かけてみましょう。日本人にも人気のブランドがうれしいディスカウント価格で手に入ります。日本人にあうサイズの服も販売されているので、大きなアメリカンサイズしか売ってないのでは?という心配は無用です。
ラスベガス・プレミアム・アウトレット・ノースの詳細は http://www.premiumoutlets.com/brands/center/las-vegas-north

日帰りで世界自然遺産観光へ!

ラスベガスといえば、世界遺産「グランドキャニオン」観光の玄関口としても知られています。世界遺産「グランドキャニオン」へは軽飛行機でたった1時間の距離。日帰りでも十分に絶景を楽しめます。
バスで往復するツアーもありますが、バスだと片道5時間かかるので、軽飛行機で往復するオプショナルツアーがおすすめです。

ラスベガスから片道1時間の空の旅。軽飛行機なので少し揺れますが、空から見る絶景も楽しみ。往復の空の旅は、遊覧飛行気分で楽しみましょう。

グランドキャニオンに着いたら、観光バスに乗り換えて絶景スポットへ出かけます。オプショナルツアーなら、絶景ポイントへはガイドが案内してくれます。オプショナルツアーの出発時間は早朝、午前、昼の1日3回です。早起きして早朝出発で出かければ、午後早い時間にラスベガスに戻り、1日を有意義に使えるのでおすすめです。

ラスベガスを楽しむプラン、いかがでしたか?

かつてはギャンブルの町というイメージがつよいラスベガスでしたが、現在では無料アトラクションやショッピングなど、子供連れのファミリーにも楽しめる仕掛けが町のあちこちに散りばめられています。もちろん、カップルにもおすすめです。きらめく夜景を見に出かけてみませんか?