Hilton Grand Vacations

当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

Vacation Style By Hilton Grand Vacations Vacation Style By Hilton Grand Vacations

豊かなライフスタイルのそばにとっておきのバケーションを

ヒルトン タイム シェア 口コミ

バケーション・オーナーシップ(タイム・シェア)を活用し、10年ほど前からハワイをたびたび訪れているという池田様ご夫妻。ご主人の義哉様が長年情熱を傾けているアイアンマン・レースの単独合宿を兼ね、毎年、奥様の多香代様とお2人で素敵なバケーションを過ごされています。

今回のオーナー様

オーナー様:池田様ご夫妻

Pavel1964 / Shutterstock.com
Pavel1964 / Shutterstock.com

皆様は「トライアスロン」、そして「アイアンマン」という競技をご存知ですか?

トライアスロンは、スイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(長距離走)の3種目を連続して行う耐久競技で、中でももっとも長い距離を戦い抜くレースがアイアンマンと呼ばれています。

ちなみに、トライアスロンで採用されている一般的なオリンピック・ディスタンスは、スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmの合計51.5km。これに対してアイアンマンは、スイム4km、バイク180km、ラン42kmの合計226kmで、17時間の制限時間内でタイムを競い合います。いかに強靭な体力と精神力が要求されるレースであるかがおわかりいただけるでしょう。

そんなトライアスロンやアイアンマンに、28年間にわたってチャレンジを続けているのが、今年で75歳を迎えられた池田義哉様です。

47歳でこの競技に魅せられ、これまで参加された国内外の大会は30。2001年には長崎、2002年には韓国・済州島の大会で年代別優勝を果たし、アイアンマン発祥の地であり、愛好家にとっては聖地でもあるハワイ島・コナの世界選手権に出場された輝かしい経歴をお持ちです。

そもそも池田様は、大学時代はボート部に所属され、1人乗りカヌーの1万m競技と、4人乗りカヌーの500m競技で全日本チャンピオンになったこともある生粋のアスリート。若かりし頃から日々の練習で鍛えあげた足腰が武器となって、トライアスロンやアイアンマンのレースでも好成績を収められてきました。とりわけバイクやランが得意なのは、その当時に培われた精神力の強さによるのかもしれません。

「その後、毎年トライアスロンの大会が行われる宮古島へ行くようになり、これまで15回は出場してきました。一度の滞在が、だいたい2週間から1ヶ月程度。長期にわたるのでウィークリーマンションを借りて、私は練習、妻は島内観光と、バケーションを楽しんでいました。だから10年前にラグーンタワー・バイ・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブを購入した時も、暮らすように過ごせるバケーション・オーナーシップにすぐに馴染めましたね」

聞けば、宮古島の大会には年齢制限があり、参加上限は65歳まで。池田様はこの出来事をきっかけに宮古島への遠征を卒業し、練習拠点をハワイへと移したのだそうです。

昨年、ホームリゾート(所有物件)をラグーン・タワーからグランド・ワイキキアン™・バイ・ヒルトン・グランド・バケーションズ・クラブに買い替えたという池田様。9ヶ月前にはしっかりと次回の予約を済ませ、例年欠かさず単独合宿とリフレッシュを兼ねたバケーションへ出かけていらっしゃいます。

「宮古島に通っていた頃と同様、私はもっぱらビーチを走ったり、泳いだり、体力強化のトレーニングが中心です。その間、妻は食事の準備などでサポートしてくれています。もちろん、せっかくのバケーションです。練習は陽射しの穏やかな時間帯で切り上げて、午後からファーマーズ・マーケットへ買い物に出かけたり、ホノルルでトライアスロンの大会が開催されていればそのレースを観に行ったり、2人で過ごす時間も大切にしていますよ」

例えば、ダイヤモンドヘッドへ出かける際は、池田様はトレーニングがてらのランニングでリゾートを出発し、奥様がトロリーバスで現地へおもむくのだとか。待ち合わせ場所の登山口で合流した後、共に山登りを楽しまれるのだそうです。

「とにかく、好きなことをさせてもらっていますからね。リゾートの予約を取ることだけは私の担当ですが、滞在中のスケジュールや食事の管理を一手に引き受けてくれているのが妻。行きたいところがあれば一緒に出かけますし、私は妻の言うことに従うだけですよ(笑)」

楽しそうに語る池田様の表情に、献身的にサポートをしてくれる奥様への心からの感謝がうかがえます。

一方、奥様もまた、ハワイでは奥様なりの楽しみを謳歌されていらっしゃるようです。

「練習のサポートといっても、それほど苦にはならないんです。食事をはじめ家事全般はふだんの生活となんら変わりません。主人がトレーニングに出かけている間は、コンシェルジュさんに教えてもらったおすすめの場所へ出かけてみたり、たまたまハワイに遊びに来ていたお友だちを誘ってランチをいただいたり、ハワイでしかできない体験を楽しんでいますよ。毎年毎年、主人の練習に付き添ってきていても、ハワイは本当に飽きるということがない特別な場所なんです」

気持ちと体力。その両面が元気な状態でないと「バケーションは楽しめないですよね」と奥様。毎年こうして欠かさずハワイを訪れるのは、池田様やご自身が健康であることを確かめに行くようなところがあると続けます。

「この歳になって、ハワイでつつがなくバケーションを過ごせるって幸せなことです。『今年も来れたね』『よかったね』と、2人で笑い合えることがなによりの幸福だと思っているんですよ」

昨年から、奥様のアドバイスで、50年以上続けてきた大好きなお酒を完全に断ったという池田様。それは「いつまでも元気でいて欲しい」と願う奥様のやさしさであり、池田様にとっては「いつかまたアイアンマン・レースで優勝を勝ち取りたい」という決意表明でもあるように思えます。

「私の夢は100歳までアイアンマンにチャレンジし続けること。そしてコナの世界選手権でチャンピオンになることです」

今年も5月から6月にかけてハワイを訪れた池田様ご夫妻。「また来年も元気にハワイへ出かけ、スイムとランに磨きをかけてきます!」と、力強い言葉で締め括ってくださいました。

別のリゾート体験談はこちら

バケーションにおすすめのオアフ島。体験宿泊は公式ページからご予約いただけます。