Hilton Grand Vacations

当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから

Vacation Style By Hilton Grand Vacations Vacation Style By Hilton Grand Vacations

豊かなライフスタイルのそばにとっておきのバケーションを

ローカルフード

もくじ

旅行の楽しみのひとつであるグルメ。ハワイ、とくにワイキキでは新しいお店が次々とオープンし、トレンドも日々変わっています。そんな中でも長い間変わらず地元の人(ロコ)に愛されているのが、ハワイのローカルフードです。日常食として楽しめるリーズナブルな価格帯と飽きない美味しさが魅力のローカルフードは、旅行者にこそ食べてもらいたいものばかり。そのなかでも今回は、ハワイ滞在中の強い味方でコストパフォーマンスに優れた「プレートランチ」をご紹介します。

たくさんある、日本でも人気のハワイ発祥ローカルフード

ローカルフードは、いわゆる「ご当地グルメ」なるもの。日本と同様に家庭で長年にわたり味わいつくされた伝統的な郷土料理のほか、地元のお店が発祥となったグルメなど多種多様なものがあります。

「ロコモコ」などはすでに日本のカフェなどでも定番のメニューとなりつつあり、パンケーキやアサイーボウルなどは日本で大きなブームを起こしました。そのほか、カジュアルから高級店までバリエーション豊かなお店がそろうステーキや、フォトジェニックでダイナミックなハンバーガーも滞在中に何度も食べたくなってしまうハワイのローカルフードと言えるでしょう。

ハワイのローカルフード「プレートランチ」

ハワイ発祥のローカルフードとしておすすめなのが、ロコやリピーターの間で変わらぬ人気を保つ「プレートランチ」です。

作りたてのお総菜、ご飯、サラダが1つの器に盛り付けられているお弁当のようなもので、10~20ドルとお得な一品です。レストランで食事をすると、そこそこのお値段となってしまうワイキキにおいて、手頃な値段でお食事ができるのは嬉しいもの。テイクアウト用のボックスに入れて持ち帰ることができるため、ホテルやコンドミニアム、公園など好きな場所で好きな時間に食べることができる点も魅力です。

ハワイに来たら食べておきたいハワイアン・ローカルフード

温暖な気候に恵まれ、新鮮な野菜やフルーツが一年を通じて美味しくいただけるハワイ。周りが海に囲まれているので豊富なシーフードが堪能できるほか、ハワイ伝統の食にアメリカ本土や日本など各国・地域の食文化が混ざり合い、独自の食文化を育んできました。

シーフード料理では、店舗を持たずに車で販売するフードトラックからスタートして人気となったガーリック・シュリンプ、アヒ(マグロ)やサーモンなどをぶつ切りにして醤油やごま油で和えたポケ丼などが名物。日本人の口にも馴染むハワイのローカルフードです。

ポケ丼と並んでソウルフードと呼ばれているのが、スパムおにぎり。こちらは、主にスーパーやABCストアのようなコンビニエンスストアで販売されており、小腹が空いた時などにおすすめです。とはいえ、アメリカンサイズで大きいものもあり、小食な人であれば、これひとつで十分お腹いっぱいになってしまうこともあります。

高原での牧畜も盛んなため、ホノルルをはじめ各地に人気のステーキ店が数多くあります。洒落たステーキ店でランクの高いお肉を頬張るのもおすすめですが、地元の人たちに倣ってプレートランチなどで気軽にボリューミーなお肉を楽しんでみるのもよいでしょう。もちろん、シーフードのプレートランチもあり、ハワイの新鮮なシーフードが堪能できます。

ローカルフードを手軽に味わうのにピッタリなプレートランチ。ワイキキ中心地から徒歩で行ける、ロコに人気のお店を紹介しますので、いろいろなプレートランチを試してお気に入りを見つけてみてください。

Ono Seafood(オノ・シーフード)

醤油アヒとスパイシーアヒのポケボウル(2種で10.50ドル)とタコポケのみそ味(1/4パウンドで4.25ドル。
醤油アヒとスパイシーアヒのポケボウル(2種で10.50ドル)とタコポケのみそ味(1/4パウンドで4.25ドル。

ハワイの代表的なローカルフードのひとつ、ポケ丼のテイクアウト専門店です。ポケ丼は、新鮮なアヒ(マグロ)やアク(カツオ)、海藻といった魚を塩や醤油などで和えた「ポケ」をご飯の上に乗せたもの。日本人の口にも合うので、洋食に疲れて和食を食べたくなった日にはぴったりです。

そんな日本人にも人気のポケ丼を堪能できるOno Seafoodは、カパフル通りにあるローカルのファンが多いお店です。専門店だけあってシーフードはマグロとタコのみ。注文するとその場で和えて作ってくれます。味付けは、マグロは醤油、味噌、スパイシー、ハワイアン、わさび味の5種類、タコは醤油、味噌、ハワイアンの3種類から選びます。さらに、ご飯は白米と玄米から選べますが、おすすめは白米。この白米こそがOno Seafoodポケ丼の美味しさの秘訣なのです。白米は香り高いジャスミンライスを使用しており、ポケとの相性が最高。ジャスミンライスが苦手な方は玄米に変えるか、ポケだけを購入して持ち帰り、普通のご飯の上に乗せる方法もあります。

メニューはマグロとタコのみ。
メニューはマグロとタコのみ。

なお、日本人客が多いため、日本語メニューもあるので安心です。

Ono Seafood(オノ・シーフード)

747 Kapahulu Ave, Honolulu HI 96816

Mitsuwa Market Place(ミツワ・マーケットプレイス)

鮭弁当や焼肉弁当、ロコモコ弁当など種類は様々。
鮭弁当や焼肉弁当、ロコモコ弁当など種類は様々。

ハワイでの滞在中、心強い味方となるのがローカルのスーパーマーケットです。Mitsuwa Market Placeは、アメリカ本土とハワイで11店舗を展開している日系の大型スーパー。インターナショナル マーケットプレイスの2階に位置し、食材や日用品、お土産まで幅広い品揃えでロコや観光客に重宝されています。

銀だらの西京焼き弁当(左)12.99ドル、カツ丼(右)10.99ドル
銀だらの西京焼き弁当(左)12.99ドル、カツ丼(右)10.99ドル

毎日店内で手作りされており、お寿司やおにぎりはもちろんのこと、鮭や鯖などの焼き魚のお弁当や、牛丼、お好み焼き、さらには大福といった和菓子までそろっています。

気になる値段も、お弁当は$8.99からと良心的。コロッケやお刺身などの総菜もあるので、その日の体調や食欲、気分によって量を調節できるのも嬉しいところです。

店内には電子レンジとお湯の入った電気ポットが用意されており、お弁当を温めたり、インスタントのスープやお味噌汁を買って食べたりもできます。

Mitsuwa Market Place(ミツワ・マーケットプレイス)
2330 Kalakaua Ave #250, Honolulu, HI 96815

PAIA Fish Market(パイア・フィッシュ・マーケット・ワイキキ)

フレッシュキャッチプレート・オパのグリル(左)26.95ドル、オバマバーガー(右)12ドル。
フレッシュキャッチプレート・オパのグリル(左)26.95ドル、オバマバーガー(右)12ドル。

「サーファーたちが気軽にお腹いっぱい食べられる」がコンセプトの有名シーフード・レストランPAIA Fish Market。30年間もの長きにわたって人気を集め、マウイ島で3店舗を展開してきました。2018年にはワイキキに進出し、「本当においしいシーフード料理を食べるなら、ここ」と、オープン半年で早くも人気店となっています。

ワイキキ店は、クヒオ通りに面したザ・レイロウ・オートグラフ・コレクションの1階に位置しています。広々とした店内でゆったりと食事ができるのも人気のひとつ。ここでのおすすめは、看板メニューの「フレッシュ・キャッチ・プレート」です。その日に仕入れた新鮮な魚を、グリル、ソテー、ケイジャン、スパイスをまぶして表面を焼いたブラッケンの4種類の調理方法から選べます。

バーガーも人気のメニュー。特にシーフード・レストランならではのフィッシュバーガーがおすすめです。裏メニューであるわさびバターをつかった「オバマバーガー」もぜひ、試してみてください。

こちらのお店にはキッズメニューやキッズチェアもあり、ファミリーにも優しいお店です。

PAIA Fish Market Waikiki(パイア・フィッシュ・マーケット・ワイキキ)
2299 Kuhio Ave #D. Honolulu HI 96815

Down to Earth(ダウン・トゥ・アース)

冷たいデリ、温かいデリ、どちらも種類が豊富。
冷たいデリ、温かいデリ、どちらも種類が豊富。

スーパーのデリで自分好みのランチボックスをカスタマイズして楽しむのもロコスタイルです。

好きなものを好きな量、選べます。主食や主菜、サイドメニューをいろいろ選んで、1パウンド10.99ドル。
好きなものを好きな量、選べます。主食や主菜、サイドメニューをいろいろ選んで、1パウンド10.99ドル。

Down to Earthは、マウイ島カフルイにある自然食品ストアで、現在オアフ島に進出。ホノルル、カカアコ、カイルア、パールリッジ、カポレイの計6店舗で展開しています。
お店で提供しているデリはベジタリアン向けのもの。食材はすべて島内産を使い、店内で手作りされています。グルテンフリーや乳製品フリー、ヴィーガン向けなどきめ細やかな品揃えが嬉しいお店です。

デリは数々の賞を受賞していることからも、品質はお墨付き。温かいデリにはパスタやラザニアなどのほか、注文後から焼き上げるピザもあり品揃えは抜群です。冷たいデリには、新鮮な野菜をつかったサラダがあり、キヌアなどのスーパーフードも味わえます。

なお、こちらはスーパーなので、ちょっとしたハワイのお土産を買うのにもおすすめです。

Down to Earth Honolulu(ダウン・トゥ・アース ホノルル)
2525 S King St, Honolulu, HI 96826
※オアフ島内に5店舗、マウイ島に1店舗を展開。場所は、こちらから検索できます。

グルメスポットが満載のオアフ島!体験宿泊は公式ページからご予約いただけます。