Vacation Style By Hilton Grand Vacations Vacation Style By Hilton Grand Vacations

豊かなライフスタイルのそばにとっておきのバケーションを

瀬底島船旅

もくじ

皆様、こんにちは。ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ スタッフのTです。 沖縄は今、本格的な夏となり一年で一番楽しい季節の到来です。沖縄の真っ青な空とエメラルドグリーンの美しい海が、皆様をお待ちしています。今回は、那覇空港から瀬底島付近の本部(もとぶ)まで船で行く方法をご紹介します。長時間の運転が難しい場合や車が苦手な方にもおすすめ。海の景色を楽しみながら快適な船旅をご案内します。

那覇空港に到着したら、「泊ふ頭北岸」へ

まず那覇空港に到着したら、バスかタクシーで「泊ふ頭北岸 岸壁の泊大橋側」まで向かいます。今回乗船した船は、那覇から本部の渡久地港まで1日2便出港しています。

※運航ダイヤを確認してからのご利用をおすすめします。
※1便の那覇泊ふ頭8:30発の便は、名護漁港を経由なので、10:30本部渡久地港着、運航時間約2時間。
3便の那覇泊ふ頭14:25発で便あれば運航時間は約75分。
(2022年6月取材時)
片道大人1,000円とリーズナブルな上に海の観光もできちゃいます。

那覇から瀬底島までは距離も長いため、長時間車に乗っていると飽きてしまうお子様も船旅ならば大満足かもしれません。
では、チケットを買って乗船してみましょう。

瀬底島を目指して、快適な船旅のスタート

第一マリンサービスの高速船「ジンベエ・マリン(タクマ3号)」
第一マリンサービスの高速船「ジンベエ・マリン(タクマ3号)」

今回は第一マリンサービスの高速船「ジンベエ・マリン(タクマ3号)」に乗船しました。那覇から本部の渡久地港まで約75分。車なら約2時間以上かかるので、那覇からは最速で行ける方法ではないかと思います。船に乗る前からわくわくします。

ジンベエ・マリン(タクマ3号)船内
ジンベエ・マリン(タクマ3号)船内

船内には自転車を置けるスペースもあるので、日帰りで那覇から本部方面へ行く人にも良いかもしれません。自転車の搭載費用は無料、事前に予約をすれば1人1台までなら持ち込みができるとのこと。
(※船に自転車を持ち込む場合は、事前のご予約が必要です。)

ゆったり座れるシートが安心。快適な船内

ジンベエ・マリン(タクマ3号)船内
ジンベエ・マリン(タクマ3号)船内

船内はとても清潔で快適。ゆったりと座ることができました。2階にはデッキもありますが、走行中は残念ながら立ち入り禁止。
自由席なので窓側の席が確保できたらラッキー。今回は、窓側に座ることができました。

運が良ければ、窓の外にクジラやイルカが見える日もあるそうですよ。10分くらい窓を眺めていると、海の色がエメラルドグリーンから徐々に深いブルーへと変わっていきます。窓から心地よい日差しも入るので、ちょっと寝てしまいました。今回は寝てしまいましたが…天気の良い日は船から残波岬も見えるそうです。

ジンベエ・マリン(タクマ3号)1階のデッキ
ジンベエ・マリン(タクマ3号)1階のデッキ

心地良い昼寝のあとは、眠気覚ましに1階のデッキに行ってみます。沖縄の大きな海と広い空を感じながら、ビュンビュンと風を切って、船は目的地の本部を目指します。大海原に心もオープン!気分はすっかり開放的に。
さぁ、もうすぐ本部の渡久地港へ到着します。

ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ
ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ

船からは、なんと、ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブが見えるではありませんか!皆様にも、ぜひ、この感動とわくわく感を楽しんでもらいたい!!と、思いました。行きの船からリゾートが見えるとこれから始まる楽しい旅へ思いが募るのかなーとか、帰りに見えたら「ああ、また来たいな」と思っていただけるのかな、など…いろいろとゲストの皆様のことを考えているうちに船は渡久地港へ。

ジンベエ・マリン(タクマ3号)2階デッキ
ジンベエ・マリン(タクマ3号)2階デッキ

船の2階デッキには、スーツケースを置くスペースもあります。そして船は本部の渡久地港に到着。あっという間の船旅でしたが、本当に快適で楽しかったです。

第一マリンサービス株式会社
TEL:098-860-0152
HP:https://daiichi-marine.com/

ジンベエ・マリン(タクマ3号)
ジンベエ・マリン(タクマ3号)

本部の渡久地港からザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブまでは、タクシーで約10~15分。リゾートへ向かう途中に渡る瀬底大橋からの景色はいつ見ても圧巻!橋のすぐ向こう側には、瀬底島が見えます。これからはじまる瀬底島での特別な旅を予感させてくれることでしょう。

瀬底大橋
瀬底大橋

瀬底大橋を渡り切って、のどかな瀬底島の街並みを車で10分ほど行くと、ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブに到着です。

ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ
ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ

ここ瀬底島は、都会の喧騒から離れ、ゆったりとした優しい時間が流れています。リゾートでは、ぜひ心身ともに、リラックスしてお寛ぎください。

ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ
ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブ

リゾートまでの船旅は、いかがでしたでしょうか。今回那覇から本部まで実際に船で行ってみて、とても新鮮でした。沖縄に住んでいても、楽しい冒険がまだまだたくさんあるのだな、と感じました。

ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブでは、花火大会や週2回沖縄の伝統芸能の開催など、ゲストの皆様に楽しんでいただけるイベントを続々と企画中です。今年の夏は、ザ・ビーチリゾート瀬底・ヒルトンクラブへぜひ遊びにいらしてください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

ヒルトングランドバケーションズの瀬底島のリゾートへ!
ヒルトングランドバケーションズの沖縄のリゾートは▼こちら▼から!
沖縄のリゾート

hilton grand vacations