Hilton Grand Vacations

当サイトはクッキーを使用しています。この機能は、より使いやすいウェブサイトの実現を目的としています。

詳細はこちらから


ハワイにおける新型コロナウイルスの影響で、施設、モール、店舗の営業時間変更・休業している可能性があります。最新情報はこちらでご確認ください。

Vacation Style By Hilton Grand Vacations Vacation Style By Hilton Grand Vacations

豊かなライフスタイルのそばにとっておきのバケーションを

ハワイ 最新 情報

もくじ

アラモアナとダウンタウンの間に位置する「カカアコ」。もともとは倉庫街でしたが、近年大きく開発が進み、ローカルからも旅行者からも話題を集めるエリアです。 カカアコといえば、街中にあふれるフォトジェニックなウォールアートを想像する方も多いと思いますが、楽しみ方はそれだけではありません。今回は、新しいカカアコを象徴する複合施設「ソルト(SALT at Our Kaka‘ako)」の注目ショップをご紹介します!

ハワイにおける新型コロナウイルスの影響で、施設、モール、店舗の営業時間変更・休業している可能性があります。(2020年3月19日現在)
最新情報はこちらでご確認ください。

SALT at Our Kaka‘akoとは

「ソルト」は、開発が進み、大きく様変わりしているカカアコのランドマーク的存在である最新複合施設です。

ハイセンスでお洒落な雰囲気の中、新旧のカルチャーが共存している注目スポット。

大手チェーン店というより、地元の小規模なビジネスを中心とした個性的な店舗が多く集まっていて、見てまわるだけでも気分がワクワクします。

ちなみに「ソルト」の名前の由来は、その昔この地域にハワイアンの人たちが営む塩田があったからだそうです。

ソルトのサインの反対側には「PA‘AKAI」(ハワイ語で塩の意味)の文字も。ここ、カカアコは、ハワイの王族が暮らした土地としても知られる歴史のあるエリアなのです。

【SALT at Our Kaka‘akoへのアクセス】

カカアコへは、ワイキキから車で約15分。ザ・バスなら30分程度の距離です。ソルトは、カカアコでも中心部にあたる場所(アラモアナ通りとアウアヒ通りの間)に位置。

ケアヴェ通りから入る立体駐車場もあるので、レンタカー利用時にも便利です。

●ザ・バス利用の場合は、ワイキキから19番、20番、42番のバスで約30分。

●ワイキキトロリー利用の場合は、レッドラインにて。また、各旅行会社が運営するトロリーも停車するので路線を確認ください。


SALT at Our Kaka‘ako(ソルト・アット・アワ・カカアコ)
691 Auahi Street, Honolulu, HI 96813

SALT at Our Kaka‘akoの楽しみ方

アートな街、カカアコへ行ったら、まずは周辺にある数々のウォールアートを楽しみたいもの。たとえば、午前中にカカアコへ行って街を散策。

記念に残る写真を撮った後、ランチ以降の時間をソルトでゆっくり過ごしてみてはいかがでしょう。

ソルトでのランチにオススメなのは、こちら!

ハワイならではの新鮮シーフードポケをたっぷり味わうなら!
Redfish Poke Bar by Foodland(レッドフィッシュ・ポケバー by フードランド)

写真提供:Redfish Poke Bar by Foodland
写真提供:Redfish Poke Bar by Foodland

ハワイのソウルフードとも言える、ポケ(ハワイ風・お刺身の漬け)。

新鮮なシーフードを使った各種ポケがカジュアルに楽しめるレッドフィッシュ・ポケバーは、2019年12月にオープンしたばかりのレストランです。

写真提供:Redfish Poke Bar by Foodland
写真提供:Redfish Poke Bar by Foodland

ハワイの人気スーパーマーケット、「フードランド」が運営するこちらでは、数々のポケ・コンテストで優勝した選りすぐりのポケをカウンターで量り売りしています。

写真提供:Redfish Poke Bar by Foodland
写真提供:Redfish Poke Bar by Foodland

定番のアヒ(マグロ)ポケからスパイシーな風味のもの、さらにタコや豆腐のポケなど種類豊富でおいしいポケを好きな量だけ楽しめます。

写真提供:Redfish Poke Bar by Foodland
写真提供:Redfish Poke Bar by Foodland

ポケだけを買ってもよし、丼やサラダなどお好みのスタイルでもオーダー可能。

手軽にテイクアウトできるので、ホテルへ持ち帰って食べたり、ビーチや公園でピクニック気分を味わうのもおすすめです。

写真提供:Redfish Poke Bar by Foodland
写真提供:Redfish Poke Bar by Foodland

カウンターの奥には、座って食べられるダイニングもあります。

個性豊かなポケをはじめ、フライドライスやハンバーガーなど質の高いローカルメニューもそろっているので、ハワイ産の地ビールやカクテルと一緒に楽しむのも最高です。

「冷たいビール・熱いご飯・旨いポケ」がお店の合言葉。ランチはもちろん、ディナーにもどうぞ。


Redfish Poke Bar by Foodland(レッドフィッシュ・ポケバー by フードランド)
685 Auahi Street, Honolulu, HI 96813 ソルト1階

こだわりシェフ自慢のグルメなホットドッグに舌鼓
Hank's Haute Dogs(ハンクス・オートドッグ)

写真提供:Hank's Haute Dogs
写真提供:Hank's Haute Dogs

アメリカンなカジュアルフードの代表格とも言えるのが、ホットドッグ!ほかでは味わえないさまざまな味のホットドッグが食べられると人気なのが「ハンクス・オートドッグ」です。

このお店、実はソルトができる前からカカアコで営業していて、ローカルに絶大な人気を誇っています。

オーナーのヘンリー(ハンク)・アダニヤ氏は、シカゴの有名レストランでオーナーも務めていた実力派。

ご両親の故郷であるハワイで、本格的なシカゴ風ホットドッグを広めたい!という思いから、このお店をはじめたといいます。

写真提供:Hank's Haute Dogs
写真提供:Hank's Haute Dogs

お店の中は鮮やかなメニューやポップなライト、さらに巨大なケチャップ&マスタードの容器などが「これぞアメリカ!」という明るい雰囲気を醸し出しています。

主役であるホットドッグだけでもたくさんの種類があり、迷ってしまいそうです。

写真提供:Hank's Haute Dogs
写真提供:Hank's Haute Dogs

こちらは、人気の「シカゴスタイル」($7.25)。外側がパリパリッとした独特の歯ごたえのソーセージと大きめのピクルス、トマトやレタスなどの野菜たちが絶妙の美味しさを醸し出す一品です。

そのほか、ハワイで作られるポーチュギーズ・ソーセージにマンゴーマスタード&パイナップルレリッシュがかかった「ハワイアン」など、個性的なホットドッグが揃います。

オーナー自慢のグルメなホットドッグを、ぜひお試しください。

写真提供:Hank's Haute Dogs
写真提供:Hank's Haute Dogs

ホットドッグのほか、ハンバーガーや付け合わせのポテトにもファンが多く、ビールなどのアルコールを扱っているのも魅力的です。

なお、午後4時から6時はハッピーアワーとなり、ホットドッグが20%オフになるので、その時間帯も狙い目です。


Hank’s Haute Dogs(ハンクス・オートドッグ)
324 Coral Street, Honolulu, HI 96813 ソルト1階

ランチの後は、個性的なショップ巡りをどうぞ。お土産探しにもいい2店舗をご紹介します!

ハイセンスなアパレルや雑貨がお洒落に揃うセレクトショップ
MILO(ミロ)

アウアヒ通りに面したお洒落なセレクトショップ「ミロ」。

サーフ&アウトドアをテーマにしつつ、街でも着こなせるセンスよいセレクト商品がそろうお店です。

ロゴ入りのTシャツは、ベーシックなカラーとシンプルなデザインが素敵です。「Kaka‘ako」の文字が入ったものは、とくに人気。肌触りのよいハイクオリティな素材を使い、着心地もいいので、センスのよいお友達へのお土産にもぴったり。

ロゴ入りのバッグや帽子、さらに自然由来のコスメやローカルアーティストによるアクセサリーや小物もたくさん。どことなく上品で、エコフレンドリーなアイテムも見つかります。

ナチュラルで上質な品揃えに、足繁く通うリピーターも多い「ミロ」。店内のインテリアも素敵で、ゆっくりショッピングができます。


MILO(ミロ)
675 Auahi Street #126, Honolulu, HI 96813 ソルト1階

マニアならずとも必見!フィルムカメラ専門店
Treehouse(ツリーハウス)

写真提供:Treehouse
写真提供:Treehouse

一見、センスの良い雑貨店のようにも感じるツリーハウス。実は、ハワイでも珍しい「フィルムカメラ専門店」です。

デジタルカメラが主流の現代ですが、今もフィルムカメラやヴィンテージカメラにこだわるマニアは多く、そのニーズに応えているのがこちらのショップ。

もちろん、フィルムの現像も受け付けています。

写真提供:Treehouse
写真提供:Treehouse

フィルムカメラやポラロイドなどはもちろん、三脚やストロボなども多数取り扱っています。

さらに60~70年代に作られたヴィンテージカメラなど、レアなアイテムも!

写真提供:Treehouse
写真提供:Treehouse

まさに、マニアにはたまらない品揃えです。フィルムとカメラが一体になったカメラなどもあるので、ひと味違ったハワイの写真撮影に挑戦してみては?

写真提供:Treehouse
写真提供:Treehouse

店内には、カメラや写真をテーマにしたかわいい雑貨や小物などもあり、特別なマニア以外も十分ショッピングを楽しめます。

写真提供:Treehouse
写真提供:Treehouse

ユニークな、ロゴ入りトートバッグやTシャツなども必見です。場所はソルトの2階。ぜひチェックして欲しいショップです。


Treehouse(ツリーハウス)
675 Auahi Street E3-215, Honolulu, HI 96813 ソルト2階

落ち着いた雰囲気の中でこだわりイタリアンを堪能
vein at KAKA‘AKO(ベイン アット カカアコ)

写真提供:vein at KAKA‘AKO
写真提供:vein at KAKA‘AKO

カフェやプレートランチのお店が多いソルトの中で、落ち着いてランチやディナーを楽しめると人気なのが「ベイン」。オリジナリティあふれる、地中海イタリアン料理のレストランです。

写真提供:vein at KAKA‘AKO
写真提供:vein at KAKA‘AKO

マリポサやトミー・バハマなどの有名店で腕を磨いたエグゼクティブシェフのDell氏が、こだわりたっぷりに生み出す料理の数々は、味はもちろん見た目の美しさにも注目が集まっています。

写真提供:vein at KAKA‘AKO

カジュアルに楽しめるパスタやピザから、子羊のすね肉煮込みといった肉料理や、ほかではなかなか食べられないという、ニュージーランドのブランドサーモン「BIG GLORY BAY SALMON」のアクアパッツアなどなど、本格イタリアンのエッセンスと、シェフの個性が融合した芸術的なメニューがずらり。

2019年には、地元の雑誌・ホノルルマガジンによる「ハレアイナ・アワード」も受賞しています。

写真提供:vein at KAKA‘AKO
写真提供:vein at KAKA‘AKO

旅行者はもちろん、地元の人たちからの支持も厚いベイン。しっとりした雰囲気の店内席のほか、開放的なテラス席もあるので、気分に合わせて素敵な時間をどうぞ。

ワインなどのドリンクメニューも豊富です。


vein at KAKA‘AKO(ベイン アット カカアコ)
685 Auahi Street Building 2, Suite 121, Honolulu, HI 96813 ソルト1階

いかがでしたか?個性的で味のあるショップやレストランが集まるソルト、ぜひ足を運んでみてはいかがででしょうか。ほかでは出会えない、新しいハワイを発見できるかもしれません。

なお、カカアコは開発が進んで多くの観光客が集まるエリアですが、細い通りや入り組んだ道もあるので、ウォールアート散策などは明るい日中に歩くことをおすすめします。